【ゆる募】4/18(水)世田谷区の子育て環境を体感しよう!プレイパークにコワーキング付、空き家を開放した子育てひろば?

「東京で一番、子育て支援が進んでいると思う区はどこですか?」
先日ふと聞かれました。

区長ご自身で育休を取られた実感を施策に反映したり、こども宅食を始めたり……の文京区?

はたまた、子育て支援LINE@を筆頭に親子の流行に合わせた支援、「渋谷おとなりサンデー」等のまちづくりが楽しそう……な渋谷区?

はたまた、……色々脳裏をよぎりましたが、
「私にとってそれは、世田谷区です!」
即答でした。

そんな世田谷区の子育て支援を、一緒に巡って体感してみませんか? もちろん子連れこそ大歓迎です(^^)(ちなみに私は1カ所を除いて行ったことありますが、どこも最高でした)

4/18(水)

「世田谷区の子育て環境を体感しよう!」

<旅程>

https://goo.gl/maps/nFy3xyxfa3p

12時15分  高円寺駅に集合

13時 桜上水駅に集合
 ↓徒歩
井戸端マザーハウス
(子育て中の親子が作った遊び場と一時預かりの場。4月からテストオープン!)
 ↓バス
経堂駅
 ↓バス
おでかけひろばamigo
一軒家を改造した遊び場、現在ULalaという子連れコワーキング事業を準備中とのこと。
 ↓徒歩
羽根木公園プレイパーク
禁止事項のない自由な公園の使い方
 ↓徒歩
17時 梅ヶ丘駅で解散

「体感しよう!」参加ご希望の方、お問い合わせフォームまたは各種SNSから、必ず事前にご連絡ください!

<ポイント解説>

(1)世田谷区が担保する「地域貢献空き家活用窓口」の有用性??

おでかけひろばや社会的養護の場にもつながっています。空き家の活用、そして、居場所を「自分たちで作る」を体感しに行こう!
空き家を「地域の居場所」にしよう 世田谷区でプロジェクト始動(2015/01/20)
http://business.nikkeibp.co.jp/atclmom/report/15/3603061/081500037/
(2)「せたがや子育てネット」を筆頭に、安定稼働されている民間の子育て支援活動。それを支えている自治体との連携、どうなっているの??

(3)自治体が切り込む、新しい施策「子育てと仕事の両立」について。コワーキング付おでかけひろば???
世田谷区で、3歳未満の子の親必見!今年、子どもの側で2~3日働くが叶う!?(2018/02)
http://machinoco.jp/2018/02/04/coworking/
(世田谷区には、暮らしとはたらくをつなげる「非営利型株式会社Polaris(セタガヤ庶務部)」の存在もありますしね!)

(4)何よりも「親子が楽しくいられる居場所」。どんな形があるのか、まずは知ってみよう。
「日本の子育て息苦しい」なら「こうしたら子育て楽しい」を見つけて、横展開していきたい。

4/18(水)、まずは世田谷区の子育て環境を、一緒に巡ってみませんか?

Share:

0 comments